男性型脱毛症 | 炭酸水・ヘッドスパで抜け毛を対策

TOMIX.com

HOME > 抜け毛の種類 > 男性型脱毛症

抜け毛の種類

男性型脱毛症

男性型脱毛症

男性型脱毛症(AGA)は、主に男性に見られる脱毛の状態のことをいいます。
男性の場合、この状態を「male-pattern baldness」とも呼ぶそうです。
男性型脱毛症の典型的な経過では脱毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退により特徴的な「M字」パターンとなります。また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛や禿髪となってしまいます。
また女性の場合には、「女性男性型脱毛症」(Female AGA, FAGA)と呼ばれます。
男性のパターンとは違って、生え際のラインは変わらずに頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細くなる傾向にあります。完全な禿髪になることは稀なことなんだとか。
その原因としては、遺伝的、環境的な種々の要素が関わっているいわれています。
多くの研究者がそのリスクとなる要素を研究していますが、その多くはいまだ不明なんだそうです。

AGAクリニックの比較(名古屋) http://nagoya-aga.com/

リスクのひとつとして特定されたものに男性ホルモン、特にジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone,DHT)があります。
男性ホルモンは胎児期と思春期の男性生殖器の発達に重要であり、また男女ともに毛髪の成長と性欲に重要な働きを持ちます。
そこで研究者は、両親から受け継いだ種々の遺伝子が男性型脱毛症に関与していると考えているのです。
男性ホルモン受容体遺伝子(androgen receptor gene,AR gene)の遺伝的多型は脱毛に関連しています。
この遺伝子はX染色体上にあるため、母方の祖父や祖母から遺伝しますが、父方の脱毛が息子の脱毛に関連することも知られています。
また男性ホルモン受容体(androgen receptor,AR)は、DHTや他の男性ホルモンに反応します。
男性ホルモン受容体遺伝子には遺伝的多型があり、毛包での男性ホルモン受容体の活性が異なります。
詳細は未だ解明されていませんが、こうした遺伝的多型が男女の男性型脱毛症における脱毛リスクに関係しているといわれています。
しかし、遺伝的な要素は男性型脱毛症の発症や進行に大きく関わっていますが、生活習慣もまた大きな要素となってしまいます。
日本で第二次世界大戦後に男性型脱毛症が激増したことがそのひとつの例として挙げられます。




HOME - ヘアサイクル - 抜け毛の種類 - 抜け毛の原因 - 抜け毛をチェックしよう - 話題の炭酸ヘッドスパ - サイトマップ