飲酒と喫煙 | 炭酸水・ヘッドスパで抜け毛を対策

TOMIX.com

HOME > 抜け毛の原因 > 飲酒と喫煙

抜け毛の原因

飲酒と喫煙

飲酒と喫煙

お酒は上手にお付き合いができると身体に良いこともあります。
しかし、飲みすぎることにより、生活習慣の乱れが出たりすることもあります。
必要以上の飲酒によって体内で必要なタンパク質が不足し、毛髪の成長を妨げ、抜け毛の原因となってしまいます。
タバコを吸うことは抜け毛の原因になりやすいと考えられていますが、逆に禁煙した途端に抜け毛が増える場合もあるようです。
タバコにはニコチンという成分が含まれていますが、このニコチンは毛細血管を収縮させる働きをもっているので、喫煙することによって体内の血流(血行)が悪くなります。
当然、頭皮への血流も低下するので、髪の毛の成長が妨げられてしまうということなのです。
薄毛で悩む人の多くは、通常の人よりも頭皮の温度が低いといわれていますが、タバコも頭皮の温度を大きく下げてしまうのです。
さらに、タバコは大量のビタミンCも消費してしまうので、身体だけでなく頭皮も栄養不足になってしまいます。
喫煙によっておこる、頭皮の血行不良や栄養不足といったこれらの要因が、抜け毛の原因になるのですが、なかには禁煙をした途端に抜け毛が増えたというケースもある、というお話をしました。
これは主に、禁煙によるストレスが抜け毛の原因になっている場合が多いようです。
とはいえタバコを吸うことは、髪の毛だけでなく身体にとっても何ひとついいことはないので、無理なく禁煙できるのであればそれに越したことはないのではないでしょうか。




HOME - ヘアサイクル - 抜け毛の種類 - 抜け毛の原因 - 抜け毛をチェックしよう - 話題の炭酸ヘッドスパ - サイトマップ