炭酸ヘッドスパとは? | 炭酸水・ヘッドスパで抜け毛を対策

TOMIX.com

HOME > 話題の炭酸ヘッドスパ > 炭酸ヘッドスパとは?

話題の炭酸ヘッドスパ

炭酸ヘッドスパとは?

炭酸ヘッドスパとは?

まず炭酸水とは炭酸ガスが溶け込んだお湯のことで、お湯1リットルに炭酸ガスが1000mg以上溶けたものは「療養泉」と定義されています。
炭酸水については別のページで詳しく解説しておりますが、ヨーロッパで天然炭酸泉は「心臓の湯」と呼ばれ、健康保険が適用されるなど、非常に信頼性が高いのだとか。
炭酸ヘッドスパとは、炭酸泉を利用し、頭皮の皮脂や毛髪に付着した化学残留物などを取り除き、まるで生まれたてのような髪と地肌を取り戻す日本で初めてメニュー化に成功した本格的なヘアーケアーシステムです。
炭酸泉に入浴すると、肌に小さな気泡が付着します。これは炭酸飲料をコップに注いだときに、コップ内に付着する泡と同じ原理です。
人は酸素を肺から吸収して、血液に乗せて体の隅々まで運び細胞に酸素を供給します。細胞では酸素をエネルギーとして使い、炭酸ガスをゴミとして出します。
その炭酸ガスは、また血液に乗って肺まで運ばれ、呼気として体外へ排出されます。したがって、細胞の活動が活発であるほど血中に排出される炭酸ガスの量が多くなるということになります。
血中のヘモグロビンは、実は炭酸ガスによって酸素を切り離す性質があり、つまり、活発に活動している細胞に酸素が供給される仕組みになっています。
ここで、お湯に溶けた炭酸ガスは、皮膚を通り抜けて皮下の毛細血管に入っていきます。すると、血中の炭酸ガスが増える為、ヘモグロビンが酸素を切り離し細胞に酸素が供給へ流す血液の量をコントロールしている絞りを開いて毛細血管に流れ込む血液の量を増やします。
これにより、炭酸泉に浸かっている部分の血行が促進され、酸素、水分、栄養が大量に供給され、炭酸ガスを含む老廃物を引き取る量も増え、新陳代謝が促進されるというわけなんです。
ちなみに、炭酸泉に浸かると、35度~36度くらいのお湯でも、浸かっている部分だけが赤くなります(紅潮反応)。
炭酸泉ヘッドソーダスパは頭皮に直接炭酸温水をかけるので、地肌の血行を促進します。
そして頭皮の皮脂を取り払うことにより、結果、育毛に最適な環境になるということです。
同時に髪に付着しているシリコンを除去するので、キューティクルが整列し、髪本来の姿に戻してくれます。




HOME - ヘアサイクル - 抜け毛の種類 - 抜け毛の原因 - 抜け毛をチェックしよう - 話題の炭酸ヘッドスパ - サイトマップ