炭酸泉について | 炭酸水・ヘッドスパで抜け毛を対策

TOMIX.com

HOME > 話題の炭酸ヘッドスパ > 炭酸泉について

話題の炭酸ヘッドスパ

炭酸泉について

炭酸泉とは、炭酸ガスを含んだ温泉のことで、「ラムネのお風呂」ともいわれています。
日本温泉法でも定められており、療養泉として認められています(温度25度以上の水1リットル中に1000mg以上の炭酸ガスが含有)。
療養泉として認められているわけですから、我々の健康に対する効果効能が優れていることはいうまでもありませんね。
しかし、天然の炭酸泉が湧き出るのはドイツをはじめとするヨーロッパ諸国のような古い地層や地形に限られているのです。
温泉大国といわれる日本ですが、活火山が多く比較的若い地層の多い日本では炭酸泉の湧き出る温泉はほんのわずかしかありません。
ドイツでは、国土全域に炭酸泉の温泉施設があり、医療先進国でもあるドイツでは、炭酸泉治療に対して健康保険の適用が認められるなど、その効果効能に対する信頼性は高く、「心臓の湯」とも呼ばれ、多くの人々に古くから親しまれています。
ドイツにおける炭酸泉の歴史は古く、19世紀頃から入浴療法が盛んに行われてきました。それにより、炭酸泉による温浴治療の研究も急速に進められ、心臓病や高血圧などの様々な病気の治療にその効果を発揮してきたのだそうです。
古くから炭酸泉の研究が行われ、マックスプランク心臓研究所があるバードナウハイムの炭酸泉施設などは世界的に有名で、心臓療養に訪れる患者が年間3~4万にものぼるといわれています。

炭酸泉について



HOME - ヘアサイクル - 抜け毛の種類 - 抜け毛の原因 - 抜け毛をチェックしよう - 話題の炭酸ヘッドスパ - サイトマップ